2009年、更新終了


今年の南観音山の祇園祭も、全ての行事を無事に終えることができました。祭りを終えたとき、誰もが口にする言葉が「来年も今年と同じように(無事に終われますように)」という言葉。初めて南観音山を撮影した年に、この言葉を聞いたとき、少々違和感を感じずにはいられませんでした。”来年は今年よりも良い祭りにしたい”というような答えを期待していたからです。

しかし、南観音山とのお付き合いがちょうど10年になった今、少しばかりその意味を分かったような気がします。行事や儀式、イベントとして1100年以上に渡ったこの祭りは、既に完成しつくしているのでしょう。大きな実行委員会や広告代理店の手によらず、祭りに携わる普通の一般市民の一人一人が、それぞれ確かな役割を持って祭りに望んでいる。そして、その行為や責任を楽しみながら、今年の祭りを終え、来年の今日を待つ。その繰り返しが、1100年もの長い間続けられてきた結果、この祭が今日あるのでしょう。

そして、人間が携わっている以上、様々なドラマがあります。今回、行事の記録撮影とは別の機軸で撮影を行いました。その過程で、いろいろなエピソードや、祭りに対してどのような思いで参加しているのかを様々な人から聞く機会がありました。取材を10年続けてきた結果、可能だった撮影のように思います。また来年に向けて、新しい形でご覧いただけるように企画を練っていきたいと思います。

最後の更新の動画は、今年2009年の南観音山の宵山・巡行のハイライトシーンです。YouTube HDの高画質でお楽しみください。

では、これで2009年の更新は終了です。また、来年、何らかしらの形でweb上などで「今年と同じように」皆様のお目にかかれればと思います。ご視聴下さいましてありがとうございました。

コメントをどうぞ

名前: (必須)

eMail: (必須:表示されません)

Website:

コメント: